給湯器の故障修理や交換は、新潟給湯器修理交換サービスにお任せ下さい!

TEL:0120995840
新着情報

熱いお湯の効果


・熱いお湯とぬるいお湯を使い分けましょう
温泉には温熱効果があり、大きく身体に作用する事は、この温熱効果は入浴の時大切なポイントになっているのです。身体はだいたい35℃~36℃は冷たくも熱くも感じない温度ですが、それ以上のお湯だと「熱い」か「ぬるい」かのどちらかの温度を感じます。温泉の分類では湯温が34℃~42℃未満を『温泉』、42℃以上は『高温泉』といいますが、身体が感じる熱いぬるいの境目もだいたい42℃ぐらいで、40℃~42℃くらいがちょうど「いい湯だな~!」といったところのようです。

・熱いお湯による効果
「熱いお湯」と「ぬるいお湯」では身体に働く作用は大きく違います。熱いお湯は自律神経系の交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると、皮下の血管が縮み血圧が上昇し、心臓の心拍数は増加します。さらに胃腸の働きを抑制し、汗の分泌を促進します。 ボディラインが気になる方には新陳代謝を促進し、発汗作用もあり食欲を抑制するため、ダイエットとしても利用できます。またシャキッ!としたい方も熱いお風呂に入浴すると緊張感を高めますのでおすすめです。ただし熱いお風呂は体への刺激が強いので入り過ぎには要注意!長くても10分程度にしましょう。

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休