給湯器の故障修理や交換は、新潟給湯器修理交換サービスにお任せ下さい!

TEL:0120995840
新着情報
  • トップ >
  • 熱いお湯とぬるいお湯の効果

熱いお湯とぬるいお湯の効果


さまざまな温泉が数多くありますが、温泉には温熱効果があり、
大きく身体に作用する事は前回でお知らせしましたが、
この温熱効果は入浴の時大切なポイントになっているのです。
身体はだいたい35℃~36℃は冷たくも熱くも感じない温度ですが、
それ以上のお湯だと「熱い」か「ぬるい」かのどちらかの温度を感じます。
温泉の分類では湯温が34℃~42℃未満を『温泉』、
42℃以上は『高温泉』といいますが、やっぱり適温+1度か2度の
身体が感じる熱いぬるいの境目もだいたい42℃ぐらいで、
少し熱いくらいの40℃~42℃くらいがちょうど「いい湯だな~!」といったところのようです。
おゆの温度が上がらいなどのガス給湯器や給湯器のご質問、修理や故障のお悩み
給湯器の取り替え、交換などありましたらお気軽にご相談ください。
新潟県内、新潟市内、即日対応の新潟給湯器修理交換サービスがご対応いたします。

24時間受付年中無休

24時間受付年中無休